英語のスピーキングができない理由と解決を解説。スピーキングはホップ・ステップ・ジャンプ3段階!あなたはどこでつまずいてますか?

「スピーキングが得意なんです!」と言う英語学習者にはなかなかお会いすることってありません。

日本人は文法とリーディングはめっぽう強いんですけどね。

スピーキングができたい理由について考えみます。

スピーキングを上達させるためにまず理解すべきことは以下3つのプロセスです。

STEP1:「英語の知識」
STEP2:「すばやい処理能力」
STEP3:「コミュニケーション力」

このうちのどこでつまづいているかがわかると、より効果的な学習をすることができます。

原因がわかると、解決法が見つかます。

では1つづつみていきましょう!

STEP1-「単純な英語の知識」があるかどうか

まず1つ目は「単純な英語の知識」があるかどうか。

文法や単語・表現を知っているかどうか、組み合わせて使えるかどうか、という単純な英語の知識です。

学校でみっちり英語を習ってきた日本人は得意な分野だと思います。

日常絵会話であれば、中学英語の文法+単語・語彙力があれば大丈夫です。

逆に言えば、この基礎が抜けている状態でいくらオンライン英会話に時間とお金を費やしてもスピーキング力は上がりません。

英語の基礎知識がない空っぽの状態では何も出すことができないからです。

「英語の知識」はどう伸ばす?

学校で学んできた内容で十分です。

もう忘れてしまった、中学英語もあやしいとう方は中学の文法や単語を復習します。

基礎の文法書や単語帳でざっと復習すればOKです。

これを使って文章を実際に組み立てなくちゃ!などと思わなくて大丈夫です。

そこは気にせず、まずは英語の基礎知識をインプットすることが大切です。

ここがおろそかになると、ある程度はノリやゴリ押しでコミュニケーションはとれますが、かなず壁にぶつかって伸び悩みます。

大人の英語学習は、まずはじめに基礎のインプットから始めます。

STEP2-英会話の中で「反射的に処理する能力」が備わっているか

2つ目は「反射的に処理する能力」が備わっているか。

知っている英語の知識を会話の中で反射的に処理できるか(実際に使えるか)どうか、という能力のことです。

日本人が苦手とする分野なのではないでしょうか。せっかく十分な知識はあるのに口から英語が出てこない。

ゆっくりと調べながら時間をかければメールは書けるのに、英会話になるとついていけなくなる方は、頭ではわかっているけど、反射的に処理する力が弱いということになります。

例えば、英語で話しているときに、昨日の話だから動詞は過去形を使いたい。知識はあるのに、喋る時に素早く正しい動詞の過去形を使って英文を作れるかどうか。

「反射的に処理する能力」はどう伸ばす?

瞬間英作文ができるように、よく使う英語のパーンやフレーズを暗記すること。

暗記した英文がそのまま使えるかは分かりませんが、単語を変えたり時制を変えてみたりと少しのアレンジを加えることでいろんな場面で使えるようになります。

まずはマネをして、そこから自分のオリジナルを生み出す方法です。

STEP3-英語での「コミュニケーション力」

そして3つ目が「コミュニケーション力」です。

知識があって、スピーディーに英文を作れる力があっても、実際の会話の中で使えなければ意味がありません。

英語は相手との会話を楽しめてなんぼです。せっかく知識があって、スピーディーに文章を組み立てることができても、わからないことがあったから思考停止状態でうまくコミュニケーションが取れません、なんてもったいない。

ここで覚えておいてもらいたいのは、「英語はいつになっても100%わかることはない」ということです。

言いたい単語がすぐに出てこないことなんてよくあります。そんな時でも、なんとかコミュニケーションを続けたい。英語力がちょこっと足りない時に、今の自分の英語力でどうやってコミュニケーションを取っていくか、が大切です。

「コミュニケーション力」はどう伸ばす?

知っている単語にシンプルに言い換えてしまいましょう!

日本語だって、話してていてピンポイントで単語が出てこないことってありませんか?そんな時には、言い換えたり、身振り手振りで説明を加えたりしてどうにか先へ進みますよね?

英語も日本語と同じです。

言い換えて説明しようとしていけば、相手から「あ、それって〇〇のこと?」と聞いてくれるはずなので「それそれ!」と会話を続けることができます。

こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に〜英会話は誰でもできる!

とはいえ、自分が今どこでつまずいているのかを冷静に判断するのって意外と難しいですよね。

「だって、なんか、できないんだもん・・・、英会話って」

ですよね、そうですよね。英語ってこれだけ何年勉強してきても、やっぱり日本語とは言語学的に見てもめちゃめちゃ対極にある2つなんですって。

そりゃ、わけわからん、となってしまって当然ですよ。

でも大丈夫。正しい手順で、しっかり時間をかければ、英会話は誰でもできるようになります。

あきらめないでください。

わたしたち英語コーチが、お手伝いします!

気になった方はお気軽にどうぞ!まずは30分、お話しませんか?お友だち追加後に、「おしゃべり希望」とメッセージをお願いします。

  • ブックマーク