英語を話すのにパーフェクトな発音じゃなくていい!?その前に覚えておくべき大切なこと

発音が悪いからうまく話せないと思っていませんか?
発音はパーフェクトじゃないと通じないと思っていませんか?

英語で言いたいことを相手に伝えるためには

・発音を知っていること
・相手が聞き取れる発音ができること

が大事なんてことは、みなさん、よくご存知だと思うんです。

じゃぁ、発音が悪かったら英語は通じないのか?

そんなことありません。

発音はキレイに越したことはない。

でも、発音がよくないから通じないわけでもないんです。

「英語の発音をよくする」ことは「一つ一つの単語の発音をパーフェクトにすること」じゃない

「英語の発音を良くすること」と「一つ一つの単語の発音をネイティブのようにパーフェクトにすること」はイコールではありません。

通じる発音のポイントは一つ一つの単語のパーフェクトな発音よりも

・文章全体のリズム・強弱
・英語特有のつながる音や消える音

などが大きく作用しています。

もちろん、ネイティブに近い発音できたらかっこいい。

でも、それって今は本当に必要でしょうか?

もし、「とにかく英語が口から出ることを優先したい!喋れるようになりたい!」のであれば、発音を必要以上に機にする必要なし!

(無視しろ、とは言ってないよw)

・個別の音
・連結(つながる音)、同化(変わる音)、消滅(消える音)
・リズム・強弱

の基本はおさえる。

知らないことは聞こえないからリスニング力にも直結しますしね。

日本人はカタカナ英語で発音がヘタなの!?でも実は日本人だけじゃない

日本人がRとLの発音が苦手というのはよく言われてます。

でもね、日本人だけじゃないんですよ。

韓国人はif(イフ)って言えずにイプになるし。

タイ人はタイ語なまりの英語。
中国人は中国語なまりの英語。
ドイツ人はドイツ語なまりの英語。
フランス人はフランス語なまりの英語。

インド人は強烈なインドなまりの英語でまくしたてます。

ものすごく早口な人もいて、英語のネイティブスピーカーでも彼らの言ってることが理解できないこともあるくらいです。

まなりは個性!

大切なのは自分の言いたいことを正しく相手に理解してもらうこと。

そもそも、英語の発音が悪いのは日本人だけではありません。

どこの国の人でも、英語特有の発音を練習しない限りはわからないままで、発音はよくないままです。

でも、日本人は謙虚なので「日本人は発音が悪い!」と言われてば「そうかも」と素直に思ってしまう。

「発音が悪いから英語が通じない」と言われれば「だから英語ができないん」と考えてしまいがちです。

ストーップ!!!

日本人に限らず、発音が悪くて通じないこともあるし、発音が悪くても通じることもある!

発音がキレイに越したことはありませんよ、もちろん。

でもね。

それより大切なことは。

英語が口から出てくること。

そして、ゆっくり、ハッキリ、大きな声で話すこと。

これにつきます。

英語でしゃべる時に自信がなくて、不安で

小声でボソボソと言ってしまう。

そしたら、

「What?(何?)(・Д・)」

と返されて凹む。

自分の英語は間違ってたのか?
そんなに発音が悪いのか?
ダメじゃん、自分の英語・・・!!!

相手は、あなたの英語が間違っているから理解できなかったのではありません。

小声でボソボソを聞き取ることができずに「もう一度言ってくれる?」の意味での「What?(え?)」だったんです。

ゆっくり、ハッキリ、大きな声で話す。

これだけで相手に伝わる率がビックリするほど高くなることをぜひぜひ覚えておいてくださいね。

30分間の無料おしゃべりをプレゼントしています。英語学習のお悩みなど、ぜひお聞かせください!

・小森ってどんな人なの?
・こんな悩みあるけど解決できますか?
・どうやって英語話せるようになったの?

気になった方はお気軽にどうぞ!お友だち追加後に、「おしゃべり希望」とメッセージをお願いします。

  • ブックマーク