【知らなきゃソン】どうしても英語学習のモチベーションが上がらない時の対処法

せっかくやる気を出して英語学習をスタートしたのに…

・やる気はあったはずなのに続かない
・調子の良い時と悪い時の差が激しい
・途中でモチベーションがなくなってしまった

こんなお悩みありませんか?

きちんと学習計画を立てたのに、その通りに進まない

学習を計画通りに進めることができない自分に自己嫌悪

英語学習のモチベーションは上がるどころか下がる一方

こうならないために、何をすれば良いでしょうか?

英語学習、そもそもモチベーションをアテにするのが間違えてる!?

「モチベーション」ってなんでしょうか?

やる気、動機、意欲、野望、意思、勇気、気合い etc

全て人の内側からわいてくる「気持ち(感情)」です

この気持ち(感情)が高い時には英語学習はグイグイ進むもので、「よーし、今度こそ英語やる!」と誰もがスタートを切るのではないでしょうか。

事実、毎年4月がNHKの英語テキストが一番売れる月なんだそうですよ。

でも「英語学習が続かない」最大の落とし穴はまさにここ!

そもそも、モチベーションに頼るから挫折するんです。

気持ち(感情)は一時的なもので、波があって当たり前。

英語学習を続けるために必要なのは気持ち(感情)に頼らずに行動できる「仕組み作り」です。

英語学習のモチベが下がっても勉強を続ける方法〜3つのメニューを用意する

疲れていたり、嫌なことがあったり、予想外の出来事が起こったり…誰にでもあると思います。

急な残業や家族がらみの急用など、自分ではコントロールできない事態は起こるもの。「気合だ、頑張れ!」の精神論で行動を起こすことはできません。

そんな時はあらかじめ用意しておいた「これだけは最低限!」メニューをこなしたら◎にしちゃいましょう!

オススメの方法はあなたの1週間の学習メニューを3種類用意すること。

そして、1週間を通して、目標の勉強時間を確保できればOKです。

メニューA ▷ むちゃくちゃ頑張れる日のメニュー
メニューB ▷ 通常運転メニュー
メニューC ▷ 今日はもう無理、疲れている時の最低限やるメニュー

「最低限やるメニュー」があれば、「今日は何もできなかった〜・・・」と落ち込むことがなくなりますよね。

【マインドセット】モチベーションに頼らず淡々と学習を進めるために小さな一歩の達成感を大切にする

完璧主義を捨てて、加点主義になること。

100点満点からの減点主義からは今すぐ卒業して、小さな一歩の達成感を大切にしましょう。

最初は少し違和感を感じるかもしれませんが、効果は絶大です。

小学生の時から、わたしたちのテストは100点満点からの減点方式。

100点を目指しているから、70点だと30点分もミスがあった、ことになります。

でもこれだと、苦しくないですか?わたしはシンドイです。

だって、同じ70点だったとしても2つの考え方では受ける感情が全く異なります。

100点からの
・45分は勉強できたけど、90分できなかった…
・テキストの2章&3章終わらせる予定が、2章しかできなかった…
・単語の自己テスト8割しか正解してない…
減点方式での70点

0からの
・最低限やるメニューはこなしたから1週間で足りない時間は埋め合わせよう!
・テキスト2章できた!
・単語の自己テスト、前は5割だったのに今は8割正解になった!
加点方式での70点

学習内容はどちらも変わらないのに、自分で受け取る感情は天と地の差ですよね。

真面目な人ほど、自分のできなかった・足りない部分にばかり目がいってしまって、落ち込んでしまう傾向にあります。

大切なことなのでもう一度。

完璧主義は捨てて、加点主義になりましょう!

加点主義が難しいと感じる方にはこちらの本がおすすめです。

英語学習にお悩みのある方、LINE公式よりぜひお悩みをお聞かせくださいね。

また、30分間無料の英語学習相談会をプレゼントしています。
まずはお気軽にどうぞ!お友だち追加後に、「おしゃべり希望」とメッセージをお願いします。

↓ ↓ ↓

  • ブックマーク